株式会社マルイリフードサプライ

ABOUT US会社情報

事業部紹介

株式会社マルイリフードサプライには下記の事業部があります。各事業部には固有の機能とミッションがあり、それぞれの専門性に特化した活動をしています。事業部として個々に活動をすることはもちろん、株式会社マルイリフードサプライとして事業部間の連携を大切にし、協働して業務を進めています。各事業部の特性と事業内容をご紹介いたします。

営業本部

営業1部

焼津港で水揚げされたマグロ類・カツオ等をはじめ、台湾船の一船買いなど世界各地のあらゆる水域の魚を厳選、仕入れ・販売を行っています。地元焼津の卸として長年培ってきた確かな目で、お客様のご要望にかなう、刺身用・加工用等、目的に最適な魚を提供し、地元はもちろん、全国のお客様にお届けします。また、自社製品用の原料も同様の厳しい目で選び抜きます。

営業2部

製造部製造2課で製造する切身・漬魚を多方面に販売しています。また、営業1部で取り扱っている商品を付加価値の高い商品として企画、販売をし、ネット通販、媒体を通じた直販事業を行っています。

製造管理課

営業1部、2部の製品製造における加工の管理。
生産効率、歩留、原価管理を徹底指導。営業、製造間の調整を行っています。他社からの加工依頼の窓口としての役割を担っています。

東京営業所

豊洲市場を拠点とし、本社との連携強化をしながら存在価値を高めていき、新たな事業構築を視野に入れ、多くのお取引様と交流を図っていきます。また、東京という日本の中心地の利点を活かし、営業活動を行っていきます。

製造部

製造1課

超低温冷蔵庫に併設された低温工場で、マグロ類を、お客様のご要望に合わせてカットします。HACCPに沿った衛生管理下、鍛え抜かれた職人の技で、用途に合わせてロスを少なく正確に加工整形し製品化していきます。

製造2課

高級漬魚をはじめ、鮪のねぎとろ、鮪の切り落としなど、魚を原料とした付加価値の高い商品を製造します。凍結庫・チルド庫・冷蔵庫を備え、HACCPに沿った衛生管理工場で、厳選した素材を用いて加工を行います。

冷蔵庫部

2025年度地球温暖化係数目標値をクリアする世界初となるフロン系冷媒を採用した超低温冷蔵庫(公称4000t)で、お客様にご安心いただけるHACCPに沿った衛生管理基準の下、仕入・搬送されてきた冷凍魚等を用途に合わせて保管・管理をしています。

管理業務

管理部

総務・経理・部門、社内業務のすべてに関してサポート及びバックアップを行っております。従業員が気持ちよく働け、充分に力が発揮できるよう、各事業部の横の繫がりを意識し、それぞれの事業部の良さを活用しながら、社内全体でのコミュニケーションや業務状況の把握等に努めています。
また、お客様への接点として親身に適切な対応を行い、お客様へ「元気」と「笑顔」を伝えるマルイリの推進力として活動します。

品質管理室

専任者によるHACCPに沿った衛生管理基準の徹底指導、監査対応、不良品発生時の対応・対策業務、日々の食品検査、5S・品質チェックパトロール、現場スタッフ(HACCP委員会)への定期的な講習会を行うことで、現代の法令に沿った正しい食品知識を会社組織内に浸透させています。

外食事業部

日常食として、「ごはんや藤枝志太食堂」をフランチャイズ経営しています。